キシリトールの甘味やノンカロリーの秘密・たくさん食べるとお腹が痛くなる原因は!? 11月19日はいい息の日『今日というミライグラフ365』

今日もミライグラフを読んでいただきありがとうございます。マシュアです。

通勤・通学や隙間時間に『サクッと5分で読める』過去や未来の今日あった出来事についてコラムでご紹介しています。

あなたの新しい何かの発見につながるかも!!

キシリトールの甘味やノンカロリーの秘密・たくさん食べるとお腹が痛くなる原因は!? 11月19日はいい息の日
キシリトールの甘味やノンカロリーの秘密・たくさん食べるとお腹が痛くなる原因は!? 11月19日はいい息の日

ミライチェックポイント!!11月19日 今日は何の日!?

11月19日は、いい息の日です。

日付の由来は、11月(いい)と19日(いき)で、『いい息』と読む語呂合わせから、キシリトールを使ったガムなどで人気の『XYLISH』(キシリッシュ)を製造販売する株式会社明治が制定されました。

今日は、いい息の日にちなんで、キシリトールガムのキシリトールや、ついつい食べ過ぎると腹痛になる原因ついて解明するコラムです。

  おすすめ関連記事

 

ミライチェックポイント!!キシリトールとは!?

みなさんも、よくご存知で、歯にも口臭にも良くさらには美味しい、キシリトールガムで有名なキシリトールとはなんなんでしょうか!?

キシリトールの甘味やノンカロリーの秘密・たくさん食べるとお腹が痛くなる原因は!? 11月19日はいい息の日
キシリトールの甘味やノンカロリーの秘密・たくさん食べるとお腹が痛くなる原因は!? 11月19日はいい息の日
  キシリトールは希少糖の一つ!?︎

キシリトールとは、最近ではよく耳にするようになった、希少糖と呼ばれる、お砂糖の代用品にもなる『希少糖』の一つです。

希少糖とは、別のコラム(【希少糖】甘いものを食べても太らない時代がくる!?砂糖と違う希少糖の驚きの効能とは!?)でもご紹介しておりますが、砂糖とほぼ同様の甘みを持ちながら、カロリーがほぼゼロに近く、体にも様々な効果をもたらしてくれるお砂糖です。

希少糖を定義すると、国際希少糖学会によって『自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体』とされます。

ちょっと難しくてわかりづらいですが、砂糖も糖の一つで、甘みをつくる一つの個体ですが、その糖の一つです。

そして、この希少糖を作り出す上での工程は、砂糖と同じように、私たちが住む自然界から、生み出されたものを加工しています。

しかし、砂糖と違うところは、砂糖よりも見つけ出したり、作り出すことが難しいことから、『希少』糖と、名付けられておりますが、近年では、この希少糖は多くの種類が見つかっており、さらに、この希少糖が砂糖とは違って、色々な体にいい効能を持っているされ研究開発されています。

キシリトールの効果と原材料は!?

そんな希少糖の中で、キシリトールの効能とは、『むし歯予防』や、『虫歯になりにくくなる』、『スッキリして口臭に良い』、さらには、『カロリー0』という効果をもたらしてくれるということですね。

さらに、キシリトールの原料は、白樺や樫の木から作られた天然素材の甘味料で、ソルビトールやマルチトールと同じ糖アルコールと呼ばれる炭水化物の一つで、希少糖の一つではあるものの、量産化することがしやすいということからも、今の私たちの生活にも当たり前になっているんですね。

 

ミライチェックポイント!!キシリトールによる腹痛の原因は!?

キシリトールの甘味やノンカロリーの秘密・たくさん食べるとお腹が痛くなる原因は!? 11月19日はいい息の日
キシリトールの甘味やノンカロリーの秘密・たくさん食べるとお腹が痛くなる原因は!? 11月19日はいい息の日

いくら『カロリーゼロ』と、言ってもキシリトールを一気にたくさん食べると、下痢になったり、腹痛になることがあります。

ガムなどにも注意書きがされていたりしますよね。

『ダイエットに』、『禁煙の時に』などと思われている方は、短時間の食べ過ぎには注意しましょうね。

キシリトールだけでなく、タブレットのガムにはよく記載されています。

  キシリトールを大量に食べた時の腹痛や下痢の原因は!?

これは、キシリトールやソルビトールなどのガムに使われている糖アルコールは、小腸で消化・吸収されにくいという特徴をもっており、腹痛の原因となります。

一つの原因としては、これらの糖アルコールが、吸収されずに腸内で消化しようとし、腸管壁から水分を引き出し、大腸の中の水分が増えるため、腹痛の原因となる下痢をしやすくなるなると言われています。

これは、大量に食べた時に起こる現象ですが、一過性のもので体に害あるものではありません。

  どれくらい食べてもいいいの!?

キシリトールガムが大好きな方は、たくさん食べてしまうかもしれませんが、食べ過ぎには注意しましょう。

基本的に、キシリトールの大量摂取が、体に害がないことから、摂取量の上限は決まっていません。

それは、ある特定の食べ物や、辛いものや、牛乳を飲食するとお腹が痛くなる人がいることと同様に、人それぞれに違いがあることからです。

食べるなら、短時間で食べるのではなく、時間を多いて食べる方がいいでしょう。

キシリトールを食べるのは、虫歯予防の効果から、朝昼晩の食後や、歯を磨いた前後関係なく食べる事がいいと言われています。

すごいですよね。糖類でありながら、歯磨き後にでも問題がないんですね。

  キシリトールの安全性

私たちの体の肝臓では、実はキシリトールは生み出されており、さらには、点滴の輸液成分などとしても使われる、人体にとって安全なものです。

食べ過ぎると腹痛や、下痢の原因になりますが、体への害を心配する必要はないんですね。

 

今日のミライポインツ今日のミライポインツ!!︎

今日は、キシリトールについてのコラムでした。

私は愛煙家ですが、たばこをやめたいという気持ちはあり、何度かガムを食べてやめようとしたことはあります。

この時に必ず買うのが、キシリトールのガムのボトル缶です。

ただ、やっぱり食べ過ぎると腹痛が気になるので、禁煙には役には立たないですが・・・笑

ボトル缶は、たくさん入っていて、仕事のデスクや車の中などに置いておけば、気が向いた時に食べられるので便利です。

ガムや飴は、口さみしい時には嬉しいお菓子ですよね。

喉も潤いますし、口臭などには手っ取り早いものです。

砂糖を使った飴やガムなどでも物足りなさから食べ過ぎてしまいますが、キシリトールは、歯にも良く、食べてもカロリーが低いというメリットもあって嬉しいものです。

ただ、どちらにせよ食べ過ぎると太るか腹痛かということなので、良くないので微妙ですが、結局のところなんでも食べ過ぎは良くないということですね。笑

今日の毎日の記念日は何の日か、スピーチや、朝礼の話のネタなどにお使いください。

それではまた〜!!
新しい1日をミライグラフで!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です