サッカーW杯初出場を決めたジョホールバルの歓喜から約10年 日本代表はどう変わったかを徹底比較!!11月16日の記念日『今日というミライグラフ365』

今日もミライグラフを読んでいただきありがとうございます。マシュアです。

通勤・通学や隙間時間に『サクッと5分で読める』過去や未来の今日あった出来事についてコラムでご紹介しています。

あなたの新しい何かの発見につながるかも!!

世界最大級のスポーツの祭典『FIFAサッカーワールドカップ』とは!? 5月21日はFIFAが設立された日

ミライチェックポイント!!11月16日 今日は何の日!?

(1997年)11月16日は、サッカー日本代表が、FIFAワールドカップ本戦初出場を決めたサッカーの試合の日本における俗称である『ジョホールバルの歓喜』の日です。

あれから、今年2018年のワールドカップで約10年経過しました。

今日は、この10年でサッカー日本代表がどう変わったかを見ていきたいと思います。

  おすすめ関連記事

ミライチェックポイント!!ジョホールバルの歓喜ってなんなの!?︎

W杯で日本が初めて勝利した日 過去の日本代表の結果を分析 6月9日はサッカー日本代表の第一歩

もうあれから、今年の2018年のロシアワールドカップの開催で、10年以上(11年)経過し、若い人や、サッカーに興味があまりない人はご存知ではないかもしれません。

ジョホールバルの歓喜とは、サッカー日本代表が、1997年11月16日、マレーシアの『ジョホールバル』というスタジアムで、サッカー日本代表が、1998年の『FIFAワールドカップ・フランス大会』のアジア最終予選のアジア第3代表決定戦をイラン代表と戦い、勝利を収めたことによって、FIFAワールドカップ本戦初出場を決めたことを日本中が歓喜したことから、名付けられている言葉です。

当時は、ワールドカップ初出場ということは、もはや信じられない!!とも言われるほどの奇跡を感じた人も多く、喜び盛り上がりを見せました。

これ以降、サッカー日本代表は、ワールドカップ出場はアジア枠の中で連続出場を果たしています。

それでは、これ以降、日本代表はどう変わったのか!?

どう成長していったのか見ていきましょう。

 

ミライチェックポイント!!当時の日本代表の海外クラブチーム経験者は!?

W杯で日本が初めて勝利した日 過去の日本代表の結果を分析 6月9日はサッカー日本代表の第一歩

1998年の『FIFAワールドカップ・フランス大会』に出場した登録メンバーと、2018年のFIFAワールドカップ・ロシア大会の登録メンバーの海外のクラブチーム経験者で比較していきましょう。

実際、このジョホールバルのアジア予選では出場していた『キングカズ』こと三浦知良選手は、本大会の登録メンバーには入らなかったこともあり大きな話題になりましたね。

背番号 1998FIFAワールドカップ・フランス登録メンバー 2018 FIFAワールドカップ・ロシア登録メンバー
1 GK 小島伸幸 ベルマーレ平塚 GK 川島永嗣 FCメス
2 DF 名良橋晃 鹿島アントラーズ DF 植田直通 鹿島アントラーズ
3 DF 相馬直樹 鹿島アントラーズ DF 昌子源 鹿島アントラーズ
4 DF 井原正巳 横浜マリノス MF 本田圭佑 CFパチューカ
5 DF 小村徳男 横浜マリノス DF 長友佑都 ガラタサライSK
6 MF 山口素弘 横浜フリューゲルス DF 遠藤航 浦和レッドダイヤモンズ
7 MF 伊東輝悦 清水エスパルス MF 柴崎岳 ヘタフェCF
8 MF 中田英寿 ベルマーレ平塚 MF 原口元気 ハノーファー96
9 FW 中山雅史 ジュビロ磐田 FW 岡崎慎司  レスター・シティFC
10 MF 名波浩 ジュビロ磐田 MF 香川真司 ボルシア・ドルトムント
11 MF 小野伸二 浦和レッズ MF 宇佐美貴史 フォルトゥナ・デュッセルドルフ
12 FW 呂比須ワグナー ベルマーレ平塚 GK 東口順昭 ガンバ大阪
13 MF 服部年宏 ジュビロ磐田 FW 武藤嘉紀 1.FSVマインツ05
14 FW 岡野雅行 浦和レッズ MF 乾貴士 レアル・ベティス
15 MF 森島寛晃 セレッソ大阪 FW 大迫勇也 ヴェルダー・ブレーメン
16 DF 斉藤俊秀 清水エスパルス MF 山口蛍 セレッソ大阪
17 DF 秋田豊 鹿島アントラーズ MF 長谷部誠 アイントラハト・フランクフルト
18 FW 城彰二 横浜マリノス MF 大島僚太 川崎フロンターレ
19 DF 中西永輔 ジェフユナイテッド市原 DF 酒井宏樹 オリンピック・マルセイユ
20 GK 川口能活 横浜マリノス DF 槙野智章 浦和レッドダイヤモンズ
21 GK 楢崎正剛 横浜フリューゲルス DF 酒井高徳 ハンブルガーSV
22 MF 平野孝 名古屋グランパス DF 吉田麻也 サウサンプトンFC
23 GK 中村航輔 柏レイソル
監督 岡田武史 西野朗
結果 グループリーグ敗退 決勝トーナメント進出 ベスト16

この表を見てわかる通り、なんと当時のフランス大会のメンバーには、海外経験者は一人もいなかったんですね。

今回のワールドカップでは、なんと登録メンバー自体は、一人多いものの、15人も海外チームでプレイしており、さらには、槙野・山口選手は、二人とも海外クラブチーム経験者で残念ながらまた日本に戻ってきた選手です。

もうほぼほぼ、海外チームでプレイしていることになります。

ただ、フランス大会の代表メンバーでは、海外チーム経験者と言っていいのかわかりませんが、帰化されている呂比須ワグナーさんは、ブラジルのサンパウロから、日本のチームをいくつか移籍し帰化して、日本代表となっています。

実際のところ、一人だけが海外のクラブチーム経験者であるということです。

この後すぐではないものの、名波浩さんは、イタリアのヴェネチアへ、中田英寿さんは、ペルージャやローマなど転々とされ、小野伸二は、オランダのフェイエノールトなどから移籍して今は、コンサドーレ札幌で未だ活躍されています。

そして、城彰二さんは、このフランス大会後に、スペインのレアルパリャドリードへ、平野孝さんは、カナダのバンクーバー・ホワイトキャップスへ移籍された経験があります。

海外クラブチーム経験者は一人のみ、しかも帰化してもらった呂比須ワグナーさんのみ。

さらに、海外クラブチームへこの後移籍した選手もたったの5人だけだったんですね。

ただ、ここから日本は進化し、今につながっているとも言えるでしょう。

結果もとしては、ベスト16と強くなっていると思うかもしれませんが、実際のところは、一概にそういうわけでもないんです。

ワールドカップ過去の日本代表 最終試合結果・成績
  1. 1998年:グループリーグ敗退(フランス)
  2. 2002年:ベスト16(日韓)
  3. 2006年:グループリーグ敗退(ドイツ)
  4. 2010年:ベスト16(南アフリカ)
  5. 2014年:グループリーグ敗退(ブラジル)
  6. 2018年:ベスト16(ロシア)

と、毎回なぜか、グループリーグ敗退とベスト16での敗退を交互に繰り返す成績を残している形です。

次回も同じようにグループリーグ敗退にはならないように、ベスト16以上を目指して結果を残してもらいたいですね〜!!

 

今日のミライポインツ今日のミライポインツ!!︎

今日はジョホールバルの歓喜から約10年後の今を振り返ってみました。

ただ、ロシアワールドカップが終わった今の日本代表は、またガラッと変わって、若い世代が活躍しており、これまた海外チームでの活躍をしている選手が多いです。

ロシアワールドカップでは、ブラジル大会の選手も多くいたこともあり、また新しい世代が、なにか起こしてくれそうな時代が来そうで楽しみです。

今日の毎日の記念日は何の日か、スピーチや、朝礼の話のネタなどにお使いください。

それではまた〜!!
新しい1日をミライグラフで!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です