3月16日は世界最古のサッカーのカップ戦『FAカップ』第一回大会決勝戦が開催された日『今日というミライグラフ』

今日もミライグラフを読んでいただきありがとうございます。

マシュアです。

通勤・通学や隙間時間に『サクッと5分で読める』過去の今日あった出来事についてコラムでご紹介しています。

あなたの新しい何かの発見につながるかも!!

3月16日は世界最古のサッカーのカップ戦『FAカップ』第一回大会決勝戦が開催された日
3月16日は世界最古のサッカーのカップ戦『FAカップ』第一回大会決勝戦が開催された日

ミライチェックポイント!!3月16日は今日は何の日!?

1872年3月16日は、世界最古のサッカー大会・FAカップの第1回大会の決勝戦が行われた日です。

FAカップ(The FA Cup)は、1871年に創設されたイングランドで行われるサッカーのカップ戦である。

FAは”The Football Association”(ザ・フットボール・アソシエーション、最古のサッカー協会のため名称に国名がつかない)の頭文字から。世界で最も歴史があるサッカーの大会であり、多くの国のカップ戦がこの大会をモデルにしている

 

ミライチェックポイント!!何がすごかった日なの!?︎

1871年というともう、150年近く前から、イングランドではサッカーのこのカップ戦が行われていました。

そう150年も前ですよ!? それだけサッカーの歴史が長く深いということです。

その年の日本の時代としては、明治政府が廃藩置県を行っていたころです。国内でも乱が起こりまだ『お侍』や『武士』のような格好の人たちが、まだ存在していたころです。

当時の日本のスポーツには完全になかったですし、そりゃ簡単に日本に勝たせてくれないですよね。笑

ミライチェックポイント!!合わせて知りたいポインツ!!︎

当初から、このFAカップのルールは、ほぼ確立されており、一発勝負のホーム&アウェー戦で、抽選などによる番狂わせ(ジャイアントキリング)は、今となっては定番のカップ戦の見所ですが、それをずっと100年以上続けてきたことは本当にすごいことですよね。

ちなみに、最も優勝しているチームは

  1. アーセナル 優勝:13回 準優勝:7回
  2. マンチェスター・ユナイテッド 優勝:12回 準優勝:7回
  3. トッテナム 優勝:8回 準優勝:1回

となっています。(2016−2017年シーズン終了時)

カップ戦が特に強いアーセナルですがやはりすごいです。

名古屋グランパスでも指揮をとった、アーセン・ヴェンゲル監督になってからの近年は、特にカップ戦で優勝し成功されています。

2位のマンチェスターユナイテッドは昔からの強豪ですので妥当なところですよね。

3位はトッテナムなんですね。個人的には好きなチームなんですが、びっくりしました。

4位は記載していませんが、リバプールなんです。

リバプールもカップ戦に強いイメージだったので、ないのかと見てみると、優勝7回の準優勝も7回なんです!!

おしいところまで行って落としているイメージも確かに・・。

リバプールも好きなので悲しいですが。

トッテナムは、準優勝1回しかないので、得失点的な考えがあるなら3位でしょうかね。笑

今日のミライポインツ今日のミライポインツ!!︎

今日は、『FAカップ』についてのコラムをご紹介しました。

このコラムの『今日は何の日!?』のカテゴリーに関しては、歴史に詳しくないことや、あまり古すぎるともはや、歴史ブログになりそうなので、近年の気になる身近な出来事からコラムを書いていますが、今回は約150年も前にさかのぼりました。

サッカーの母国がイングランドであり、サッカー王国がブラジルとよく言われますが、母国は揺るがないですよね。

私はサッカーはしませんが、サッカー観戦に関しては大好きです。

日本の国民的スポーツは、相撲・剣道・弓道・柔道ですが、世界的にイメージの強いものは、柔道と相撲でしょうか。

われわれ日本の国技も世界で繰り広げられる大会が生まれる日がくることを願ってやまない日々です。

今日の毎日の記念日は何の日か、スピーチや、朝礼の話のネタなどにお使いください。

それではまた〜!!
新しい1日をミライグラフで!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア