【冷凍餃子革命】大阪王将の羽根つきチーズ餃子徹底比較 ミラメシ

今日もミライグラフを読んでいただきありがとうございます。

マシュアです。

通勤・通学や隙間時間に『サクッと5分で読める』過去や未来の今日あった出来事についてコラムでご紹介しています。

あなたの新しい何かの発見につながるかも!!

大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子
大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子

ミライチェックポイント!!大阪王将の冷凍餃子とは!?

冷凍餃子については、違うコラムでも紹介していますが、フランチャイズのあの『大阪王将』さんの餃子を、食品会社のイートアンド株式会社から、冷凍餃子として製造販売されている、油&水要らずで簡単にフライパンに焦げつかずしかも美味しく簡単に出来てしまう超絶便利な冷凍餃子(徹底比較!! 味の素冷凍餃子 VS 大阪王将冷凍餃子のコラム)です。

主婦や一人暮らしのかたには、もう大助かりの冷凍餃子です!!

ミライチェックポイント!!大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子とは!?︎& 作り方

大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子
大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子

そんなお手軽にお安く作れる大阪王将の冷凍餃子ですが、新しいラインナップとして、2018年の2月末から、『大阪王将 羽根つきチーズ餃子』を発売されました。

そんな『大阪王将 羽根つきチーズ餃子』の公式の大阪王将さんの主な紹介内容としては

  • 【大阪王将】羽根つきチ〜ズ餃子 12個入り
  • ワインと一緒に楽しめる! 濃厚チーズの新感覚 餃子誕生
  • こだわりの3種チーズ(①パルミジャーノレッジャーノ・②モッツァレラ・③ゴーダ)
  • 新感覚GYOZAスタイル チーズ好きも納得の濃厚チーズ餃子
  • (従来品の大阪王将冷凍餃子と同様の)水なし・油なしで簡単調理

大阪王将サイトより

上記の商品裏側の写真の通り、従来品の大阪王将の餃子と同じく油&水なしで同じ時間・調理方法で、簡単に作れます。

①フライパンにに並べる → ②蒸し焼き約5分 → ③蓋をとって約1分 → ④いただきます!!

超カンタンです!!

今回なによりも、冷凍餃子でありながら、『チーズ餃子』という新しいジャンルに踏み出し発売されたことです!!

特に、『ワインと一緒に楽しめる』ということまで記載していますが、まさに、餃子というより新しい感覚の餃子で、なんと、贅沢にも3種類ものチーズを使用しております。

もう焼いて蒸し焼きしている時から、焼けた焦げたチーズのたまらなく良い香りがしまくります。

蒸し焼きをやめて、蓋を開けた時もうチーズ&ミートの食欲満開の香りにやられますよ!!

 

ミライチェックポイント!!大阪王将の冷凍餃子VS冷凍チーズ餃子

大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子
大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子

それでは、従来品の大阪王将の冷凍餃子と、今回のチーズ餃子を比較してみましょう!!

商品 大阪王将チーズ餃子 大阪王将餃子
入り数 12個 12個
質量(1個) 23g 24.5g
タレ / 味 なし / 3種チーズ 特製秘伝タレ付 / 肉餃子
油・水 不要 不要
料理時間 約7分 約7分
羽根付き あり あり
具材

生産地

キャベツ:日本

鶏肉:日本

小麦:アメリカ・カナダ・日本

キャベツ:日本

にんにく・しょうが:日本

鶏肉・豚肉:日本

小麦:アメリカ・カナダ・日本

今回の大阪王将チーズ餃子の比較としては、一個の質量としては、少なくなっているようですね・・・。

まぁチーズの原価も考えるとというところですかね〜。

また、豚肉は使用していません。比較対象としては、肉餃子が対象なのでタレなしに対しては比較するべきか難しいところですね。

 

ミライチェックポイント!!大阪王将の冷凍チーズ餃子の美味しい食べ方!? & 食べた感想

大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子 ケチャップ
大阪王将の羽根つきチーズ冷凍餃子 ケチャップ

今回の大阪王将チーズ餃子に関しては、『ワインに合う!!』というキャッチフレーズですのでより、イタリアンな、ヨーロピアンなテイストです!!

商品の裏面に、『おすすめの食べ方』が記載されていました。

焼いた餃子に、ケチャップやタバスコ、あらびき胡椒などをかけるとより、いっそうおいしくお召し上がりいただけます。

大阪王将チーズ餃子

な、なんと!!、餃子にケチャップ・タバスコ・粗挽き胡椒!?

ありえへん!! と思いつつも、普通の餃子のタレを作って食べましたが、これが、『あれチーズ餃子って何か新しい餃子とはまた、違う食べ物かも!!』という感覚を覚えます!!

だって、羽根つきの羽がもはやクリスピーチーズピザです。笑

パッケージにも『Crispy Cheese』と邪魔にならない感じで、ちゃっかり?笑 記載されています。

普通の餃子のタレでも美味しいですが、そんな感覚を得たところで、まずはケチャップ!!

『あー!!もうコレ餃子というより、チーズ餃子って新しい食べ物や!!』となります。笑

焼けたチーズのいい香りもあり、ケチャップなどつけると、ピザのようなラザニアのようでありながら、食感は餃子なので、新しい食べ物のような感覚を受けます。

でも、思った以上に、豚肉が入っていないせいなのか、パクパクイケるチーズの味はしっかりしていますが、こってり過ぎて重いという感覚にはならないです!!

ケチャップに、辛いものが得意な方には、ケチャップ&タバスコ!!

スパイシーなのが好きな方には、ケチャップに加えて粗挽き胡椒!!

全て試してみましたが、個人的には合います!!

ケチャップなどをつけると、酢や醤油などのタレをつけて食べる感覚ではないので、本当に餃子というより、違う食べ物です!!

タレ的に食べるなら、個人的には、ポン酢とケチャップ&プラスαでも合いました。

個人的に他に合ったのは、マスタード・クレイジーソルト・唐揚げなどにかける粗塩など。

もはや、もともと餃子を食べる感覚が食べ終わると、『違うもの食べてた!!』という感覚にさえなりました。笑

 

今日のミライポインツ今日のミライポインツ!!︎

今日は、大阪王将羽根つきチーズ餃子についてのコラムでした。

なんども違う食べ物と連呼してしまいましたが、間違いなく、『ぎょうざ』としても大満足の一品です。

普通の肉餃子が、ビールに合うというところであれば、このチーズ餃子はワインに合うというキャッチフレーズはまさにぴったりです。

当然ビールにも合いますよ!!

また、大人だけを対象としている味ではなく、乳製品の大好きなお子様にも喜ばれる味ですのでご家族の場合も食べてみない訳にはいかない一品です!!

食べられたみなさんはどうでしたか!?

コメントもお待ちしています!!

それではまた〜!!
新しい1日をミライグラフで!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア