輸血の血は献血だけの人から人へしか救えない活動 2月26日は血液銀行開業記念日『今日というミライグラフ365』

今日もミライグラフを読んでいただきありがとうございます。マシュアです。

通勤・通学や隙間時間に『サクッと5分で読める』過去や未来の今日あった出来事についてコラムでご紹介しています。

あなたの新しい何かの発見につながるかも!!

輸血は献血でしか方法がない‼︎人から人へしか救えない活動 2月26日は血液銀行開業記念日
輸血は献血でしか方法がない‼︎人から人へしか救えない活動 2月26日は血液銀行開業記念日

ミライチェックポイント!!2月26日 今日は何の日!?

2月26日は、血液銀行開業記念日です。

日付の由来は、1951年のこの日、日本初の血液銀行である日本ブラッドバンクが大阪に開業した日です。

今日は、この日にちなんで、献血についてのコラムです。

  おすすめ関連記事

ミライチェックポイント!!献血について知ろう

輸血は献血でしか方法がない‼︎人から人へしか救えない活動 2月26日は血液銀行開業記念日
輸血は献血でしか方法がない‼︎人から人へしか救えない活動 2月26日は血液銀行開業記念日

献血とは、他の人への輸血や、血液製剤製造のために、無償で血液を提供することですね。

みなさんは、献血をされたことがありますか!?

私たちに人間にとって、血液は必要不可欠なものであり、ケガや病気などで、血を失った時には、誰かの血を貰って輸血しなければなりません。

そう、人の血は、人工的に作れるものではなく、誰か別の人の血をもらわなければならないのです。

献血は、今では色々なところで行われていますが、昔はまた違う方法で血を集めていました。

輸血が一般的に行われた、はじまりは、近親者など同士で手術中などに直接血をの供給を行う、『枕元採血』が行われていましたが、感染症のリスクも考えられなくなっていきました。

そして、次に行われた方法が、不特定多数の人から血液を買って、今日の記念日でもある、『血液銀行』などで、血を集め使われていました。

いわゆる、『売血』といわれています。

これは、当初、売血で多くの需要を充してきましたが、金銭目的の人が多くなったり、麻薬常習者や感染症をもった人の血液が含まれるリスクから、現代の日本では、1974年以降、輸血用血液はすべて献血によって、集められています。

そう、現代の輸血などの血液は、献血がメインであり、非常に貴重で、その時々によってはとても急用な場合も多くあり、私たちに人間にとっては、協力が必要であり、輸血を受ける側としては、人が人に対してしか出来ない助けが必要な活動なのです。

 

ミライチェックポイント!!献血をすると良いことがある!?

輸血は献血でしか方法がない‼︎人から人へしか救えない活動 2月26日は血液銀行開業記念日
輸血は献血でしか方法がない‼︎人から人へしか救えない活動 2月26日は血液銀行開業記念日

献血をすると、献血前のリラックスや献血後の休息・水分補給のため、軽いお菓子や、飲み物等を頂けます。

記念品は、ボールペンや絆創膏などの粗品で、昔は、テレカや図書券金券類なども送られた時期もありました。

景品目的になりかねないということから、今は簡単な粗品に変更されています。

無償提供で大変そうということもありますが、血を抜くと当然ですが、脱力感もあります。

最近では、それらの疲れなどを考慮して、休憩場も設備が充実しているところも多くあり、DVDや読書を楽しんでゆっくり出来る場所もあるそうです。

当然ですが、健康な状態で受ける必要があり、体調が悪い状態や病気で受けると、血も当然使われませんし、自分の体調悪化にも繋がります。

いくつかの、条件を確認されますので、注意して献血を受けるようにしましょう。

献血を受けられない例をあげていきましょう。

献血をご遠慮いただく場合
  • 体調不良の方
  • 食事・睡眠
  • 服薬・発熱
  • 出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)を受けた方
  • 一定期間内に予防接種を受けた方
  • 6カ月以内にピアスの穴をあけた方
  • 外傷のある方
  • 動物または人に咬まれた方
  • 特定の病気にかかったことのある方
  • 海外旅行者および海外で生活したことがある方
  • 輸血歴・臓器移植歴のある方
  • エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方
  • クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の方、またはそれと疑われる方
  • 妊娠中、授乳中等の方

などがあります。

詳しくは、日本赤十字社のサイトに記載してあります。

昔は、HIV(エイズ)などの検査も行われましたが、検査目的に献血を行ったりする可能性があり、現在では行われておりません。

保健所で匿名で無料で検査して頂けるのでそちらへ行きましょう。

献血はあくまでも、輸血に使われる用の血を採取するための活動であるので注意しましょうね。

興味のある方は、ぜひ献血をして頂きたいものですね。

 

今日のミライポインツ今日のミライポインツ!!︎

今日は、献血についてのコラムでした。

献血というのは、無償のまさに、ボランティア的な行為で、時間も疲れも発生してしまうため最初の踏み出しは難しいものです。

ただ、上にも書いたように、もし、自分や家族や友人がケガや病気で倒れた時に必要なのは、人間の血液でしか助けられません。

お願いする立場ではないですが、時間や元気や興味のある方は、献血は必要不可欠なものなので、もっと身近に考えて頂かなければならない活動だと思いますね。

今日の毎日の記念日は何の日か、スピーチや、朝礼の話のネタなどにお使いください。

それではまた
新しい1日をミライグラフで!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です