4月29日はしまなみ海道が全通した日 広島四国への旅『今日というミライグラフ』

今日もミライグラフを読んでいただきありがとうございます。

マシュアです。

通勤・通学や隙間時間に『サクッと5分で読める』過去や未来の今日あった出来事についてコラムでご紹介しています。

あなたの新しい何かの発見につながるかも!!

4月29日はしまなみ海道が全通した日
4月29日はしまなみ海道が全通した日

ミライチェックポイント!!4月29日 今日は何の日!?

2006年のこの4月29日は、生口島道路の開通に伴い、本州と四国とを結ぶ、『瀬戸自動車道(しまなみ海道)』が全通した日です。

本州と四国を結ぶ橋は、3つあり、西瀬戸自動車道である、瀬戸内しまなみ海道は、その大きな3つの橋の本州四国連絡橋のうちのひとつです。

本州四国連絡橋とは!?
  1. 明石海峡大橋(神戸・鳴門間、市区間:兵庫県神戸市〜淡路市〜洲本市〜南あわじ市〜徳島県鳴門市)
  2. 瀬戸大橋(児島・坂出間、市区間:岡山県倉敷市〜香川県坂出市)
  3. 瀬戸内しまなみ海道(尾道・今治間、市区間:広島県尾道市〜愛媛県今治市)

今回の西瀬戸自動車道(しまなみ海道)は、上の3にあたり、東から西へ、1〜3の大橋が並んでいます。

ミライチェックポイント!!何がすごかった日なの!?︎

しまなみ街道は、広島県尾道市の尾道福山自動車道(国道2号松永道路)西瀬戸尾道ICから、

  1. 向島
  2. 因島
  3. 生口島
  4. 大三島
  5. 伯方島
  6. 大島

などの大きな島を6つ

橋は、

  1. 新尾道大橋
  2. 因島大橋
  3. 生口橋
  4. 多々羅大橋
  5. 大三島橋
  6. 伯方
  7. 大島大橋(伯方橋)
  8. 大島大橋
  9. 来島海峡第一大橋
  10. 来島海峡第二大橋
  11. 来島海峡第三大橋

10本の橋(尾道大橋を含めて11本とすることもある)を経て愛媛県今治市の今治ICに至る、延長59.4kmの長い多くの橋です。

さらに大きな特徴としては、橋には①歩行者・②自転車・③原動機付自転車のみ通行ができる側道や専用路が設けられています。

 

ミライチェックポイント!!合わせて知りたいポインツ!!︎

近年では、この絶景を見ながら、海上を自転車で走れるということで、サイクリングする観光としても、盛んになってきており、自動車では途中で止まれないという概念から離れ、一度、自動車を置いて、自転車に乗り換えて、しまなみ海道サイクリングロードを満喫する!!という旅行プランなどもあります。

ミシュランでも一つ星CNNでも、『世界もっとも素晴らしい自転車道のひとつ』として紹介され、サイクリングイベントや大会なども開催されるほどです。

自転車でサイクリングをされるという方には、案内板などもあり、スタンプラリーなども用意されているので押してまわってみるのもおすすめですよ!!

ちなみに、尾道〜今治間には、自由に相互で乗り捨てが可能なレンタサイクルのターミナルが、なんと13箇所も設置されています!!

主なサイクリングターミナル
  • 尾道駅(駅前港湾駐車場)
  • 尾道市民センターむかいしま
  • 土生港(尾道市営中央駐車場)
  • 瀬戸田町観光案内所
  • 尾道市瀬戸田サンセットビーチ
  • 上浦レンタサイクルターミナル(道の駅今治市多々羅しまなみ公園)
  • 大三島レンタサイクルターミナル(道の駅しまなみの駅御島)
  • 伯方レンタサイクルターミナル(道の駅伯方S・Cパーク)
  • 宮窪レンタサイクルターミナル(宮窪観光案内所)
  • 吉海レンタサイクルターミナル(道の駅よしうみいきいき館)
  • 中央レンタサイクルターミナル(サンライズ糸山)
  • みなと交流センターレンタサイクルターミナル(今治港)
  • JR今治駅臨時レンタサイクルターミナル

などなど、今治市役所本館・各指定旅館・ホテルなどでも返却のみができる乗捨てポイントがありますのでめちゃめちゃ便利です!!

各それぞれ、有名な島もありますので、体を動かしながら絶景を見ながら健康的な観光もおすすめです!!

 

今日のミライポインツ今日のミライポインツ!!︎

今日は、しまなみ海道についてのコラムでした。

本州〜四国間を渡る3つの大橋ですが、それぞれ本当に素晴らしいです。

このしまなみ海道は、橋としては各島へ何回も渡っていることや、島民の人たちの生活道としても共用していることもあり、ほぼ全線片側一車線ということもあり、自動車道としての交通の面や、各橋だけの大きさを見た時は他の二つの大橋に比べて劣ります。

ただ、サイクリングロードや、歩行者道などもあり、海上をゆっくりまったり楽しむには最高の橋です。

こんな絶景の中、海上を橋で、自転車や歩いて渡ることが出来るのは日本でもここだけと言ってもいいと思います。

なかなか、3つ全ての橋を制覇するのは難しいですが、それぞれ素晴らしいのでぜひ、一度は観光してみることをオススメします!!

今日の毎日の記念日は何の日か、スピーチや、朝礼の話のネタなどにお使いください。

それではまた〜!!
新しい1日をミライグラフで!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です