北方領土問題の歴史と領土問題を考える 2月7日は北方領土の日『今日というミライグラフ365』

what_day_is_it_today02今日もミライグラフを読んでいただきありがとうございます。マシュアです。

通勤・通学や隙間時間に『サクッと5分で読める』過去や未来の今日あった出来事についてコラムでご紹介しています。

あなたの新しい何かの発見につながるかも!!

北方領土問題の歴史と領土問題を考える 2月7日は北方領土の日
北方領土問題の歴史と領土問題を考える 2月7日は北方領土の日

ミライチェックポイント!!2月7日 今日は何の日!?

2月7日は、北方領土の日です。

日付の由来は、1855年2月7日(安政元年12月21日)に、日露和親条約が結ばれ、北方領土が日本の領土として認められたことに由来し、1981年に日本政府が制定しました。

今日は、北方領土の日にちなんで、日本の領土とされながら、ロシアの実効支配が進んでいる、北方領土についてのコラムです。

  おすすめ関連記事

 

ミライチェックポイント!!北方領土とは!?

北方領土問題の歴史と領土問題を考える 2月7日は北方領土の日
北方領土問題の歴史と領土問題を考える 2月7日は北方領土の日

北方領土とは、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島、及び、内閣総理大臣が定めるその他の北方の地域のことで、北方地域とも呼ばれます。

場所は、北海道よりも、さらに北東に位置し、北海道の一部の地域とされています。

この地域の大きさとしては、面積は約5,036 km2で、千葉県(5,081.91 km2)とほぼ同じ広さです。

ニュースでもよく出てきますが、『北方領土問題』とは、この地域のことで、日本の領土でありながら、ロシアが実効支配し、人口が、島々を合わせて約17,000人ほど住んでいます。

江戸時代に作成された、『正保御国絵図』には、松前藩が支配している蝦夷地として北海道本島、樺太、千島列島が記され、国後島や択捉島も記載されています。

その頃には、アイヌの人々が暮らしており、日本人もアイヌ調査として訪れています。

また、その頃からも、ロシア人ではないかとされる外国人が、択捉島でアイヌからサヤーク(毛皮税)を取り立てたという記録や、3名のロシア人とされる外国人が居住し、アイヌの中に正教を信仰する者もいたと言われています。

 

ミライチェックポイント!!北方領土についての歴史

1855年2月7日(安政元年12月21日)に、日露和親条約が結ばれ、北方領土が日本の領土として認められ、択捉島と得撫島の間を国境線としたところから、この問題の大きな歴史がはじまりました。

それでは、そこからの北方領土についてのおおまかな、歴史の流れを見ていきましょう。

1875年に、日本とロシアは樺太・千島交換条約を結び、「クリル群島(le groupe des îles dites Kouriles)」を日本領、日本とロシアの共同統治としながらも、両国民の紛争の絶えなかった樺太をロシア領としました。

そのあと、日露戦争後に、ポーツマス条約により南樺太が、日本に割譲されました。

しかし、世界大戦時に、ソ連対日参戦やその後の戦争があり、最後に日本の戦争の降伏と同時に、ソ連が実効支配し、ロシア連邦になった今でも引き続き、実行支配されたままというのが続いている状況です。

この状況は、日本は負けたことにより、多くの支配した国を返還しましたが、ソ連は勝利により、実効支配を続けているという状況で、アメリカなどは、日本の領土として、支持をしているものの、現状でも支配されている状況が続いてます。

長い歴史の中の領土問題であり、難しい問題ですが、私たち日本人としては、知っておきたいことです。

 

今日のミライポインツ今日のミライポインツ!!︎

今日は、北方領土についてのコラムでした。

領土問題といえば、世界大戦が終わった現代でもなお、世界平和をおかすように、いくつかの隣国の国々が問題を起こしてきます。

隣国の国々には、平和を願っていないのか・・と本当に考えざるおえません。

まるで、子供のようです。

どうしたら、そんな発想が出てくるのか・・という印象しか受けません。

日本は、平和で戦争をしない国であるからでしょうか。

本当に、私たちにとって、あらためてですが、平和であることが一番の希望ですね。

今日の毎日の記念日は何の日か、スピーチや、朝礼の話のネタなどにお使いください。

それではまた
新しい1日をミライグラフで!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です